京都の住宅建設なら三浦建設

おすすめ不動産

買い替えの流れ

お住まいのお買替について

お住まいのお買替をされる場合は、ご売却とご購入のタイミングが重要となります。
両者を同時に行えるのが理想なのですが、なかなか現実には難しいものです。
したがって、お買替の場合には「ご売却先行」と「ご購入先行」の2つのケースが考えられます。

売却が先? 購入が先?

売却を先行させるか購入を先行させるかは、市場動向に合わせるのが基本。一般的に、売却が難しいときは売却を先行させ、逆に、購入希望者の多い人気の地域に物件をお持ちの場合は購入を先行させることをおすすめします。

メリット デメリット
「ご売却」先行の場合 購入資金に充てられる金額が確定するので、ご購入の資金計画が立てやすくなります。 購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、ご希望物件がなかなか見つからないことがあります。
引渡しまでに新居が決まっていないと、その間の仮住まいを用意しなければなりません。
「ご購入」先行の場合 仮住まいなどの費用がなくなり引越しもスムーズです。 売却のめどが立たないと、つなぎローンなどの手続きや費用がかかります。
希望条件にあった物件を、じっくりと探すことができます。