京都の住宅建設なら三浦建設

三浦建設の家づくり

心呼吸の家づくりへのこだわり

自然素材で構成する 五感で感じる快適な家づくり

材木のこだわり

〈龍神守という構造材〉・・・三浦建設が天然乾燥材(龍神守:AD材)を選んだ理由

最も優れた構造材といわれる天然乾燥材(龍神守:AD材)は、乾燥させるために時間と手間がかかるため「高価なムク材」と敬遠されていました。それ故、多くの住宅メーカーは比較的安価な人工乾燥材(KD材)や集成材を使用します。
しかし、人工乾燥材(KD材)や集成材には、無垢材の特性でもある香り・艶などが大きく損なわれているだけでなく、大量の化石燃料を使い長時間高温状態を保ち、強制的に乾燥させているために強制乾燥から生じる内部の割れによる強度落ちやCO2発生など、地球環境にも大きな問題となっています。

材木のこだわり

三浦建設は、一社で出来る事はしれていますが、小さな積み重ねが、いつか大きなうねりとなると信じ、「地球に優しく最も優れた構造材」である、天然乾燥材(龍神守:AD材)にこだわったのです。

※何故、天然乾燥材(龍神守:AD材)にこだわるのか?
含水率の低い構造材を使用して家を建てると強度を確保できるとともに、乾燥による収縮が抑えられ、変形収縮による床鳴り、ひび割れ、建物のゆがみ等のトラブルを軽減できるからです。

材木のこだわり

構造材への流れ・檜財

構造のこだわり

〈身体に優しい家創り〉

構造のこだわり

三浦建設は京都特有の気候・風土に適した、木の香りと土のぬくもりを感じられる家創りを、そして、一番大切な人と喜びや楽しさの価値観を共有できる、そんな身体に優しい家創りにこだわっています。
昔の日本には化学物質などありませんでした。でも現在まで受継がれている古い建造物が沢山あります。そこには高い匠の技だけでは無く、自然素材の力が大きく影響しているからなのです。

職人のこだわり

〈皆様にご信頼いただくために〉

ご家族の思いあふれる “家づくり” それは同時に私たちの情熱でも有ります。 持てる技術を余すところなく生かし、本当にいいものを提供するために妥協しない。 それこそ地域の皆様にご信頼いただける建設会社の “家づくり” だと確信しています。

ただ、自然の素材を用いるだけではなく、それに応じた伝統工法により、無垢の木材や漆喰・珪藻土などの自然素材を十二分に生かす術(すべ)を知っています。だからこそ、伝統や趣を重視し、それぞれの特性をふまえ、適材適所に自然素材を使用したいのです。
一つひとつ手間暇かかる作業ですが、住む方が永く健康にお使いいただける家を造ることが、私たちの喜びなのです。

職人のこだわり 職人のこだわり